飲食店相続時の注意点

飲食店を相続する場合、様々な手続きが発生したり税金の支払いが必要になったりするケースがあるので、事前に手続き内容と注意点について詳しく知っておくことが大切です。これを実施するときに遺言がない場合、相続人を決めることから始めます。全員から同意を得ることになり、食品営業者相続同意書に全員分の署名と捺印が必要です。役所には地位承継の届出書と戸籍謄本、同意書を提出します。承認を受けた後には許可証の書き換えを行う必要があるので、公安委員会に書き換え申請書と営業許可証を提出することで書き換えが行われるでしょう。個人経営のお店を個人が承継した場合は、税金が発生するので納税を忘れてしまうことがないように注意が必要です。配偶者や子供、孫や直系尊属、兄弟姉妹であれば、比較的簡単な手続きで実施することができますが、手順を踏んで承認を受ける必要があること、税金が発生する恐れがあることに注意しておくことを忘れないようにしましょう。

TOPへ戻る