厨房機器選びが食材の有効利用の大切なポイントのひとつです

飲食業界にとって厨房機器はとても大切なツールのひとつですが、食材を有効に利用することは経費削減に大きく貢献する要素のひとつですが、自分のお店の食材の種類や仕入れ状況を考慮し最適な厨房機器を選択することが有効利用につながります。

保存するための厨房機器に冷凍ストッカーがありますが、外観から大きく分けてスライド扉やチェストタイプに前開きなど3つに分かれており、保存する量が少ない場合はスライド扉、電気代などのランニングコストを重視する場合はチェストタイプを出し入れなど作業効率を重視する場合は前開きなど、それぞれ利点があります。

その他にも食材の種類で温度管理の観点や冷却方式なども考慮する必要があり、温度管理に関しては冷却温度により脂肪の酸化を停止させたり微生物の繁殖が停止されるものなど温度により異なります。冷却方式に関してもファン式やチョクレイ式の二種類があり、ファン式は食材の冷却速度が速くチョクレイ式は食材が乾燥しにくいなどのメリットがあります。